会員の想い

上田 仁

副理事長:横浜市

安土城は世界の城である。キリスト教、仏教、神道をはじめ、あらゆる宗教を飲み込んだ城である。織田信長という特異な人間が作った城である。信長を頂点として、築かれた城である。このような城を再建しない訳にはいかない。建てた城は、楽しいものでなければならない。歴史に基づいた、豪華絢爛で、「来てよかった、また来たい、次にどのようなイベントがあるのかな?」と思えるような城。信長が自ら百文の入場料を取っても、庶民が押し寄せたように、本物の絵、屏風、石垣、瓦、漆、など日本の技術の粋を集めた城で集客を目指す。世界の人に来てもらって、日本の歴史、宗教、文化を見てもらう。このような城を協力して作っていきたい。

前川 徹

理事:東京都 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 所長

2015年12月に安土城趾を訪ねた。中世の山城と変わらない城跡だと思っていたが、大手道の石段、その両側に配置された羽柴秀吉、前田利家などの館があったと伝えられている敷地、本丸御殿跡、天主台などの遺構が見事に残っている。圧巻は大手道だ。山裾から側溝も含めれば幅8メートルの石段が180メートルも一直線に続いている。この大手道をみれば、安土城が普通の城でないことがわかる。この一直線の大手道の石段は、安土城が権威を示すための城だったということを物語っている。この豪壮な大手道の石段を見れば、誰もが安土城を復元できればと思うに違いない。是非、一度安土城趾を訪ねていただきたい。

山崎 千代

理事:草津市

今年度理事を務めさせて頂きます駒井千代です。私自身、織田信長の学びを通して、安土城再建の夢を持つようになりました。昨今、日本の城にはこれまで以上に国内外問わず、多くの方が関心を寄せるようになってきているのを感じます。各地に寄せて頂きますと、中でも驚くほどに、安土城に熱い想いをお持ちの方が多数いらっしゃいます。勿論、安土城再建に向けては難題が山積しています。しかしながら、NPO法人安土城再建を夢見る会が立ち上がってからは、安土城再建に向けての勉強会などを通じ、会員相互が学び交流する機会ができました。 まずは、安土城に関心を持つ方がしっかりとしたネットワークでつながり、情報、思いを共有化していくことが重要であると考えています。私自身も関心のある方がつながれるよう、より尽力してまいる所存です。

川端 眞

理事:野洲市 一級建築士

この度安土城再建を夢見る会の理事に就任した川端眞と申します。大学で建築学を学び、今は野洲市で建築設計の仕事をしています。建築史の講義は安土城復元案を発表された故内藤昌先生から受けました。近年は伝統構法に興味をもち、文化財の耐震診断なども手掛けるとともに伝統構法をUNESCO無形文化遺産にする活動にも取り組んでいます。先日、地方創生大臣が学芸員はがんと発言したと報道されました。発言の本質は、歴史遺産を観光資源と捉える視点が必要だということでしょうか。しかし物事を経済的な側面だけで捉えた薄っぺらな発言だと感じました。歴史遺産を地域経済発展やまちおこしの資源と捉えると取り返しのつかない失敗をするでしょう。本会が夢見ている安土城の再建もきちんと歴史考証をしたうえで、形状はもとより材料・構法まで本物を目指さなければならないと思います。誰もが認める本物の安土城が再建できることを夢見て、皆さんとともに活動していきたいと思います。

土屋 繁

理事:千葉県浦安市 NPO法人・江戸城天守を再建する会理事

「城好きなら、これ!読まなくちゃ」、落語家の春風亭昇太師匠が勧めた奈良大学の千田嘉博著『信長の城』を読んだのは3年前か。著書の帯封には「ゆかりの城の案内」として勝幡城、那古野城、清州城、小牧山城、岐阜城、そして安土城の名前がありました。NPO法人江戸城天守を再建する会は、江戸城は「平和な時代の美しい象徴である“寛永度天守”を木造で再建する」ことを確認し、① 世界に類を見ない日本の伝統と文化の象徴として後世への歴史の贈り物にする。 ② 魅力ある国づくりを目指す「観光立国」のシンボルにする。 ③ 平和のシンボルとして国際的な共生と交流の拠点にする。 の3点を掲げて再建運動に拍車をかけているところです。世論喚起活動が大事だとの認識に立って、一人が10人の「天守再建賛同署名」を集める運動も始めました。賛同署名100万人運動のスタートです。是非、安土城でも始めてください。

田邊 佳伸

理事:近江八幡市

まったく思いがけず理事を拝命することになりました田邉佳伸です。尾崎理事長と連絡が取り易く、安土に住んでおり、ある意味協力させていただく立場を実感しております。高校も大学もお城の中にありましてお城には強い関心があり、たまたま当会の活動に接する機会があり入会致しました。世界に誇れる安土城、織田信長の偉業は個人の胸の中で温めているレベルのものではなく、多くの人々と共有し、発展させ、カタチにして受け継がれていくべきものと認識しています。安土城再建は考えれば考えるほどハードルの高いものです。しかし、目標を大きく掲げ、安土山の城郭、縄張り、石垣の整備が出来れば世界に誇れる安土城、織田信長の偉業が目に見えるカタチとなってきます。私はここまでは是非実現したいと考えております。学術研究書とは別の角度でいろんな小説からもヒントが在りますので一部紹介させて頂きます。阿刀田高著「安土城幻記」、垣根涼介著「光秀の定理」               

佐竹 博之

理事:近江八幡市

私が当会の正会員登録させていただき早一年が経過し、過日総会で理事就任承認を得、自他共に実績が求められるこの一年と位置づけ 自身覚悟を決めたところであります。 昨年の反省の中に、我々の活動が肝心の市民に認知されていない事実を共通の重要課題と受け止め、今年度を『認知元年』と位置づけ、まず、現状の会員の地区別・年齢別等層別した組織図化を行い(正会員・賛助会員)今年度の目標値(ありたい姿)を見定め組織拡大における役割(責任)分担を明確にした広報活動が優先課題と認識しています。今年度中のイベントとして、八幡堀界隈で 茶の湯の会(野点)会場設営し、琴の調べ 信長  安土城の歴史談義等観光客を巻き込んだ企画を提案します。

木下 達文

顧問:京都市 京都橘大学 現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 教授

京都橘大学の木下達文と申します。現在は現代ビジネス学部都市環境デザイン学科の教授をしております。また、学内にあります、地域連携センターという部署のセンター長を担当しており、おもに京都、滋賀、和歌山の地域振興・文化振興に力を注いでおります。数年前までは東日本大震災にともなう文化施設の被害調査並びに被災地域における文化の振興などの研究と支援を行っておりました。かつては博物館や博覧会のプロデュースを行う会社におり、専門は文化政策や展示メディアといった分野で、その関係で2010年に奈良で開催されました平城遷都1300年事業にも2004年頃から関わっておりました。あのときは再建上問題よりもむしろキャラクター問題の解決に追われました。京都の観光も手がけておりますが、京都よりもむしろ滋賀県の方が文化の深さがあり、安土城を核としながら地域の方々に自分たちの文化を再認識する機会となればと考えております。最も関心のある時代は実は1万年以上続いた縄文時代です。したがって、私の中では再建が最終目標ではなく、それを通じた県内文化の振興が最も重要な課題なのです。いろいろと課題はあるとは思いますが、できるところからやることが大事だと考えております。仕事柄、十分にお手伝いできない部分が多いとは思いますが、課題の大きな所(論争調整等)でのお手伝いができればと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

石田 富男

一般:名古屋市 一級建築士

初めて訪れたのは中学生の頃だったか、守山市の自宅から20キロほど離れた安土城を目指し歩いた。歩くことが主目的で、手頃な距離の場所として選んだと思う。「国盗物語」の影響もあったかもしれない。以降、何度も安土城を訪問した。自転車で行くことが多かった。私が若い頃に徒歩旅行やサイクリングを楽しんだ原点はここにあったように思う。 大学進学を考える頃、内藤先生の天守閣復元図が発表された。名工大の建築を進学先とした理由の1つにこのことがあったのは間違いない。結局、まちづくりへに興味から都市計画の研究室に入り、今も名古屋でその仕事をしているのだが、その原点の一つも安土城にあったように思っている。先日の総会で初めて解説付きの見学をした。石垣の話しにしても興味深い話しばかりだった。安土城天守閣復元には夢がある。謎が多いのが面白い。多くの人の関心を高め、課題を1つ1つクリアしていければと思う。

山内克彦

一般:名古屋市

従来、文化財の復元や整備は文化庁や自治体が政治として決めていくものであったと思いますが、政治任せだけで本当に良いのでしょうか?インターネットやスマートフォンから個人が情報発信をしていけるようになり、同じ思いを持つ人が集まれば思いを叶えられる時代がきていると感じています。建築や歴史学に特別な知識のない私でも、声を出していけば皆さんとの夢の実現に近づけるのではと思い、入会させていただきました。

当会の会員になるには